なぜ今プログラミングを学ぶのか

なぜ今プログラミングを学ぶのか

Pocket

なぜ今プログラミングを学ぶのか?


政府が2020年からの小学生のプログラミング学習を必修化を決定してから、プログラミング学習需要が増えています。

しかし、学校で必修教科になったからというだけでプログラミングを学ぶのは勿体ありません。プログラミングは自分の能力や将来の選択を変えうる大きな力を秘めています。なぜプログラミングを学ぶ必要があるのか?改めて一緒に考えてみましょう。

 

プログラミングとは何か?


「プログラミングとは何か?」と聞くと意外と多くの人が答えられません。端的に答えるとプログラムは「コンピュータに対する命令のカタマリ」です。

コンピュータは命令された通りに動く機械です。逆に、彼らは命令がないと動くことができません。私たちはコンピューターへの命令を組み合わせる事でアプリやソフトとした形で利用できるようにしています。

こう聞くと複雑な気がしますが、実際は「最初にこれをして、次にこれをして」といった単純な指示の組み合わせで出来ています。自分で経験してみるとわかりますが、難しい数学や物理の知識がなくても使いこなせるものがほとんどです。

コンピューターというと何でもできる万能な存在と思われるかもしれませんが、本当は逆です。どちらかと言えば、指示されたことしかできない愚直で真面目なモノです。私たちがコンピューターに何かお願いするときは、彼らが理解できる易しく噛み砕いてた言葉が必要となります。それこそがプログラミング言語なのです。

プログラミングでできること


プログラミングの持つ最大の特徴は「自動化」です。コンピューターが理解できる指示を一度作ってしまえば、それ以後自動で動いてくれる様になります。これによって作業効率を大幅に向上させることができ、あらゆる作業や業務に関わるコストを削減することができます。

「人間の仕事がロボットやAIに奪われる」という言葉を聞いたことがあると思います。人の仕事が機械に取って変わるるの今に始まったことではありません。18世紀後半にイギリスで産業革命が起こって以来、現在まで様々な職種や職業で延々と続いています。時代の流れを変えられないのであれば、私達にできるのは上手に時代に適応していくことです。

ロボットやAIに指示を送るのは、プログラミングスキルを習得した人間です。国家がプログラミングを必須科目にしたのも、そういう最新の機械を使える人材を育成するための政策なのです。

では、なぜ政府はそういった人材の教育に乗り出したのでしょうか?

世界はITやエンジニア集団が動かしている


世界の企業の時価総額ランキングを見てみると、iphoneを販売しているApple、windowsでお馴染みのマイクロソフト、ネット小売最大手のAmazon、世界最大SNSを運営するFacebookなど、IT企業の名前が並びます。

日本国内No.1であるトヨタも、世界時価総額ランキングでは30〜40位の1企業でしかありません。

そして、アップル、アマゾン、マイクロソフト、フェイスブックは全てエンジニアが創業です。アップルを創業したスティーブジョブスは残念ながら他界してしまいましたが、ジェフベゾフ、ビルゲイツ、マークザッカーバーグなど、彼らは単にお金を持っているだけではなく、社会や国際関係にも大きな影響力を持っています。

日本でも楽天の三木谷会長、サイバーエージェントの藤田社長、ZOZOの前澤社長、ドワンゴの川上会長など、多くのエンジニア出身の人々が活躍しています。

どの企業も私達の生活に少なからぬ影響を与えている企業であり、世界はITなしには成立しえなくなっています。

ここまで世界や日本でトップクラス企業ばかりを列挙してきましたが、IT化の流れは大企業に限った話ではありません。IT化最大の特徴は業務の効率化と言いました。つまり、人手の少ない中小零細企業こそIT化を進めることが求められ、また対応した企業した生き残れないのです。

先に挙げた政府のプログラミング教育の導入は、そういった大きな流れを受けての判断です。今後の日本ためにプログラマーやエンジニアの育成は避けては通れぬ道なのです。また、私達個人として考えれば、プログラミングを習熟しておく事で、大きな企業から小さな企業まで、様々に自分の可能性やチャンスを広げることができます。

技術職に就かないならプログラミングを学ばなくて良いのか?


将来、IT技術が今まで以上に必要な事はわかったと思います。しかし中には「自分はプログラマーにもエンジニアにもなる予定は一切ない!」という人もいるでしょう。そういう人もプログラミングを学ぶ必要はあるのでしょうか?

答えは「あります」。その理由を2つ紹介します。

・仕事のあり方が変化している


IT技術はIT
産業だけで使われるものではありません。農水産の第1次産業、製造業中心の第2次産業、果てはサービス業の第3次産業まで、ありとあらゆる産業がITや技術化の影響を受けます。どんな業界、どんな仕事に就いても影響を免れることができません。

企業に入ってある程度経つと、サービス作りに従事する部下をマネジメントしていかなければなりません。その時プログラミングの知識がある、自分でも作ったことがある人の方が、生産性や創造性があることは想像に難くありません。今後は、関わる全員が情報技術の知識を理解している前提で仕事が進んでいくと考えられます。

子どもにプログラミングを習わせている保護者の方の多くは、自分の子どもをプログラマーにしたいと思っているわけではありません。仕事の進め方が大きく変わっていくこれからの社会に、子ども達がきちんと適応できるようにしているのです。

現代ではどんな仕事を選んでも、情報技術とは切り離せない。そんな社会ではプログラミングの基本的な知識の有無で、できる仕事や他者とのコミュニケーションに大きな差がついてしまう。

いまは世の中のしくみの大きな部分を情報技術がつくっているので、それを知った上で社会に出ていくことは、大きなアドバンテージになると思います。これが、プログラマーやエンジニアを目指さなくてもプログラミングを学ぶべき理由の1つ目です。

・論理的思考と問題解決能力が身につく


2つ目の理由は、プログラミング学習を通してたくさんの能力が得られる点です。言うまでもないかもしれませんが、例として論理的思考や問題解決能力が得られます。

既に述べましたが、プログラミングとはコンピューターに出す命令を作る行為です。コンピューターは100%ロジックで動く機械のため、その命令も論理で構築しなければなりません。よって、プログラミング組みながら、自然と論理的に考えるクセが身み付けることができます。

次に問題解決能力です。問題解決能力と言うと凄みがありますが、要は「自分で問題を見つけ出し解決する」能力です。これもプログラミンの中に自然に身につけることができます。

コンピューターに何かを教える時、最初に全体の見通しを立てます。コンピューターに何をさせたいかを明確にし、どういった動作がどんな順番で必要かを考え、それをコンピューターが理解できる言語(プログラミング)で作り、動きを確認します。しかし、多くの場合一度で上手くいくことはありません。

意図したとおりに動かなければ、問題点を見つけて修正しなければなりません。その際、答えは与えられるのではなく、自分で見つけだしていく必要があります。なぜうまくいったのか、或いはいかなかったのか、観察し、分析し、仮説を立て、実行し、さらにそこから検証をする。プログラミングの過程では、このようなトライ&エラーを何度も繰り返すことになります。

試行錯誤を繰り返しながら何度も挑戦し、失敗を発見しながら学び、乗り越える、このような一連の思考の流れを通して、問題解決策能力も培われていきます。

・親は子どもをプロにしたい訳ではない


子どもに人気の習い事と言えば、水泳、ピアノ、英会話などです。ただ、全ての親御さんがそれらのプロになって欲しくて、習い事をさせている訳ではありません。もっと純粋に、体を動かす喜びを知って欲しかったり、芸術的な感性を養って欲しかったりするものです。プログラミング教育もこれらと同じように考えてみてはいかがでしょうか。

プログラミングから得られる一番大切な事


少し話が大きくなってしまいました。世界の情勢云々や将来働き方と言われても、まだ想像ができないかもしれません。論理的思考や問題解決能力と言われて、少し面食らってしまわれたかもしれません。最後に、もう少し日常的な、プログラミングを学んで得られる最も大切な事について話したいと思います。。

プログラミングを学んで得られる一番大きなものは「小さな成功体験」とそこから派生して生まれる「自己肯定感」だと思っています。

プログラミングは自己完結できる学びです。正直教室に通わなくても独学で学ぶ事も十分できます。相手がコンピューターなので、自分が実行したものが100%反映されます。うまく動けば自分のおかげですし、上手くいかなければ自分の責任です。

スポーツなど複数人で行われるもの、競争のあるものは他のプレイヤーや運の要素が多分に入ってきます。しかし、プログラミングにはそういったものがありません。エネルギーを費やした分だけ結果に反映されるので、充実感や小さな成功を日々感じることができます。

適切な目標を立てれば挫折することなくやり切る事も容易で、小さなプロジェクトを複数達成する事で、自己肯定感を高めていく期待もできます。

 

ここまでをまとめます。

ITやコンピューターの知識は、今後の社会でますます求められるものとなります。なので、プログラマーやエンジニアを目指す事は、世の中から求められる人材になることを意味します。また仮に技術者を目指さないとしても、情報技術の理解はいかなる仕事に就くとしても必須ものとなっていきます。

さらにプログラミングを学ぶことで、論理的思考、問題解決能力、さらに自己肯定感を得ることができ、将来自分の頭で考え、自ら人生を切り開いてゆく人間になることが期待できるのです。

以上が、今プログラミングを学ぶべき理由です。

世の中にプログラミングスキルを提供してる場所はたくさんあります。独りで学ぶ事も可能です。しかし、ここで出会ったのも何かの縁です。是非、一緒に学んでいきましょう。

体験授業お問い合わせ